人生は楽しく行きましょう!の戒め。小出しに。

それほど重要でもない事にいつまでも動揺する。

 

これはいけないこと。

 

どの本で読んだのかは失念しましたが

人生を楽しく生きる為の戒め。

 

実はこの数週間、

これを地でいってました。

割り切ったはずが

なんだかモヤモヤ。

 

多少時間が経ち整理すると

「だから?」

と言いたくなってしまうことに

そりゃ頭がいっぱいの日々でした。

 

有り体に申せば

人間関係なのですが

良く良く考えれば

その様な関係に陥った時

その結果はわかっているのでありますよ。

どんな結果か?

 

その方とは私の人生は将来に渡り
「交錯するはずがない。」

 

であります。

 

瑕疵がないのに

相手が予想を超える反応をした時

小心者の私としては

なんとか状況を改善したいと

頭廻らすのですよ。

こら、子供の時からの習性ですな。

 

しかしだよ

相手がこちらがたまげる様な

反応をするのですから

相手に取って

私はそれだけの人間でしかなかった。

 

それをなんとかしようとする方が

全然間違いなのです。

もともと

相手がそんなことは望んでいないのですから

良い方向に向かうはずがない。

 

「気づけよ私!」

 

なのですよ。

 

それに続いて

さほど自分にとって

大切でもない人と仲良くしようとする。

 

との結果が見えて来るのでありますが

これもまた

決して人生の時間を使うに値しないことであります。

 

自分を押し殺して

無理な人間関係を続けようとする。

これは精神衛生上極めて良くない。

時間の無駄でもあります。

 

あちらがこんな反応したのだから

それを受けて他の関係者がどう思うか?

なんて起こってもいないことに

心配を巡らすのでありました。

 

もったいない。

結果論ですけどね。

 

私のお師匠さんがスタバで

以前仰ってました。

 

「自分の中でバッサリ切る」

「表面的には普通を装いつつ」

 

そうですよね。

「全方位的に」

なんて有り得ませんもの。

 

それよか

大切な方たちとの時間を無駄にした。

 

それは猛省しなければいけません。

実に悔やまれます。

まだまだ

 

「青い!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です