めっけもん天文館店 子供と真剣な話が終わったら「回転寿司」とは言い難くも財布に優しいお店へゴー!

子供の通う学校は行事が多い。

 

来月には三者面談があり

志望校を決定しなきゃなりませんが

最後に子供に会ったのは

九月の体育祭。

その時は彼は金髪に染め

ハジけてまして

それにクラブもまだやっておりましたから

真面目な話し合いは皆無。

 

で、面談の前に子供と話し合いをと

丁度バザーが開催されますので

それに合わせて鹿児島に行って来ました。

 

このバザー

前の校長先生が始められたもので

結構な歴史があります。

 

在校生の各家庭から供出した物を

一般にバザー形式で買って頂く。

その浄財を各方面に寄付する。

ミッション系の学校ならではの行事。

 

これには父兄も駆り出され

私も5年間

場内警備をやってました。

人手が足らない時は

朝から終わるまで

ず〜っと立ちっぱなしの

歩きっぱなし。

そんな事もありました。

 

が、流石に高3になりますと

お役御免。

「勉強せい」ちゅう事ですな。

 

で、泊りがけで話し合いに

行ったのでありますよ。

彼も同じホテルに泊まらせて。

初めてでしたな。

こんなに真面目に話し会ったのは。

 

普段は電話でのやり取りですから

そりゃ親としては心配であります。

 

タンカは切ったものの

実はショゲてるんじゃないか?

とか滑り止めはどうするのか?

悩みは尽きなかったのであります。

 

この場合

まずは子供の考えを聞くことに

始まりますが

その意味を問う度に

至極真っ当な答えが返って来ます。

 

親が心配することはなかった。

真摯に学問を捉えていたことに

実は誠に安堵したのであります。

 

我が子ながら

その成長を嬉しく思い

また彼の選択が後悔しないもので

ある様願わずにいられません。

 

なぜその大学を目指すのか

思いの丈を整然と

また決意を聞かされるにあたり

多分、後悔はしないであろうと

確信したのでありますよ。

 

よって滑り止めはなし。

 

話の後は街に繰り出して

夕飯を。

 

鹿児島市は電車が便利であります。

 

と言いましても

町が小さいですから

熊本と同じで

二系統しかありません。

が、便利なことに

10分おきに必ず電車が来ます。

 

で、天文館。

いつものお寿司屋さんに。

 

「めっけもん」天文館店。

 

私は魚が食べれませんから

タマゴ、いか、エビ

のヘビーローテーション。

 

が、家内たちは

大のお魚好き。

ここでは新鮮な魚と

珍しい魚が食べられる

「回転すし」にしては貴重な店であります。

それに、ほとんど注文して握ってもらう。

一般的な「回転すし」ではなく

当然、少し割高ではあります。

 

鯖?

鯵?

を頼みますと

ネタに使った「姿」まで一緒に来ます。

 

で、それを

頼むと揚げてくれて

頭から尻尾まで

全部食べることができます。

 

私が「魚」を食べないせいか

お会計も三人で食べても

6〜7千円。

これでまともな魚が食べられる。

いいでしょ?

 

あ、

後、忘れてた。

我が家はアルコールを飲まない。

だから「安上がり」なのかもです。

 

でも一貫あたり

高くても500円見当ですから

結構リーズナブルでしょ。

 

あ、後注意事項がもう一つ。

ここは「現金払い」のみです。

カード不可。

 

ここに来ることも

後一回あるかどうか。

中学一年生の時に

他の父兄に教えられて

通い始めてもう6年目。

つい昨日だった様に思うのは

人間の常であります。

 

食べ終わり

電車に乗ってホテルに帰りましたが

そう言や

 

鹿児島で電車に乗るのは
初めてであることに気がつきました。

 

熊本市のそれと比較しますと

鹿児島市は見事に交通手段として

整備されてますね。

 

路線も結構なお金をかけてあります。

この舗装は一部なのでしょうけど

路線の緑地化も見事。

 

それにやっぱり本数が多い。

頻繁にやって来ます。

電停に待ってましたら

「貸切」が一台入って来まして

中を覗くと宴会でもないし

なんだか普通っぽい。

 

よく見りゃ

大型のテレビカメラを設置して

音声さんやら

スタッフさんが後ろに控え

ドラマの撮影中。

 

電停の景色で俺も映ったかな?

なんてね。

 

めっけん天文館店

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です