「音楽よん」カテゴリーアーカイブ

「半分、青い。」シナロケ ユー・メイ・ドリームで朝から胸いっぱい。

ユウ・メイ・ドリーム。

 

ご存知でしょうか?

「シナロケ」

シーナ&ロケッツ

と言うロックバンドの昔

そう1979年頃のヒット曲。

懐かしいですね。

 

確か日本航空のCMソングに起用され

一遍に全国区のバンドとなった。

その記念すべき曲であります。

 

毎朝、NHKの朝ドラ

「半分、青い。」

 

を観ていますが

先日の放送を観ていましたら

主人公の同僚の女性漫画

裕子さんが

つい口ずさんでしまう

好きな曲としてなんとこの曲が

設定されていました。

 

いつもの朝、家内と朝食を摂り終わり

日課のその番組を観ていまして

さりげなく曲の歌詞が出て来た時の

驚きは結構なものでありました。

ビックリした〜(笑)

 

素直に嬉しかったのですよ。

 

脚本の北川悦吏子さんも

特別粋なことをしてくれます。

過去にここでも随分書きましたが

シーナ&ロケッツに絡む話は

そのリーダーギタリスト

鮎川誠さん「マコちゃん」は

大学在学中のバンド

サンハウス時代から

存じ上げておりました。

 

解散後の苦労

いえ、

彼は「全身前向き」な人ですから

苦労を苦労と思っていなかったのかも知れませんが

ひたむきに奥さんの悦子さん

シーナさんと走り続けられたことも

聞き及んでいました。

 

2015年に若くしてシーナさんは

みまかられましたが

奥さん亡き後も

シーナ&ロケッツは

自分の道を今だに走り続けています。

 

特にこの曲の作詞者は

サンハウスのボーカルだった

柴山俊之さん。

あの「顔」がモロに浮かび(笑)

「結構なロマンチストなのね。」

と改めて思い返します。

 

一遍に思い出やら

諸々の思いが蘇り

また湧き出して

 

そら「朝ドラ」ながら

 

胸がいっぱいになったのでありますよ。

 

この番組を観たマコちゃんは

あのゆっくりとした口調で

多分

「ありがとぉ〜〜」

柴山さんはあのダミ声で

「あ、そげんね」

勝手な想像ですが

多分そう言うと思いますよ(笑)

 

過去のログ

ここら辺から書いてます。